2014年07月22日

ペンギンアップデートやパンダアップデートに補足された日本語ドメイン

昨年の6月に立ち上げた日本語ドメインのアウトラストのサイトは、順調に順位を上げ9月までは5位程度をキープしていました。
その後のペンギンアップデートやパンダアップデートで軒並み順位を下げ、現在は57位となり一日のアクセスが最大200程度あったものが3〜5程度にまで落ち込んでいます。

バックリンクを外したり、内容を少しだけ濃くしてみましたが変化が現れません。

やはり、日本語ドメインの効果はなくなってしまったのでしょうね。

とは言え、元々Googleが日本語ドメインを上位表示していたからこそほとんどの方が我先にと日本語ドメインを取得していたはずです。
Googleの都合である時から「日本語ドメインの価値を下げるよ」といった感じで順位変動が毎回発生したのではたまったものではありません。
(愚痴になりますが…)

アウトラストで検索すると、メーカーが1位、楽天が2位、その他…となっています。
従来は専門サイトが強くアウトラスト寝具の専門店のドメイン(日本語でなくても良い)を取得したほうが上位表示されていました。
最近では大きなサイトの個別ページが上位表示されて出で来ることもしばしばです。
ある意味、専門店はSEOのやりすぎで私のように順位が落ちてしまったのかもしれません。

YahooもGoogleの検索データを使用するのをやめて早くYahooなりの検索エンジンを作ってもらいたいものです。

posted by jun at 15:58| Comment(0) | SEO対策

2014年07月11日

有料のセキュリティソフトを使った感想

最近購入したパソコンには購入特典としてMcAFeeのセキュリティソフトが入っていました。

一年間の無料ライセンスが付いたいたのでそのまま使っていますが、最近セキュリティソフトに不満が出てきたので書き留めておきます。

■McAFeeのセキュリティソフトの場合

1.とにかく重くCPUのパワーを使いまくる
2.メールソフトを立ち上げた場合、Core-i5のノートでもパソコンが止まるくらい遅くなる
3.他のソフトで検出したウィルスが検知できなかった(?)ことがあった
4.本当にチェックしているのか時々不安になる
5.価格が高い

では、ソースネクストのウイルスセキュリティZEROはどうでしょうか?

■ウイルスセキュリティZEROの場合

1.Macに対応していない
2.Android版は別に費用がかかる
3.価格は安いがWindowsのバージョンアップごとに費用が発生する
(Windows7用のウイルスセキュリティZEROはWindows8.1では使用できないので有償のアップデートが必要)
4.ウィルスチェックが遅い
5.このメーカーから何回もソフトを購入しているが、安かろう悪かろうといった感じ
(値段が安いので不安がある、私的にはジャストシステムのソフトは良くできており信頼性が高い)

不満はさておき、価格ドットコムで人気と価格を調べてみたところキャノンが販売している「ESET ファミリーセキュリティ 2014」というセキュリティソフトが一番人気でした。

メーカーのホームページでは2013年満足度調査で1位を獲得していました。
ファミリーセキュリティの場合、3年間のライセンスで5ユーザーまで使えるようです。
ライセンスは、WindowsだけではなくMacやAndroidも含まれているので、PCとMacで2ライセンス、Androidで3ライセンスといった使い方も出来るようです。
価格は6,300円(税抜き)で購入できるようで、友人や家族5人集めれば一人当たりたった1,300円ちょっとで3年間分のライセンスが購入できることになります。

メーカーは信頼性が一番高いキャノンですので、一度検討してみる価値はありそうです。

→ キャノンのESET ファミリーセキュリティ 2014のホームページ

特に、アダルトサイトには危険が潜んでいますので注意が必要です。

無料動画などは特に気おつける必要があります。
安全なアダルトサイトの見分け方で説明されているように、きちんと運営されているサイトで閲覧してください。

posted by jun at 20:15| Comment(0) | セキュリティ