2014年11月08日

もしもゲットショップを使ってみた!メリットとデメリットを公開します

過去にベッドの通販やコスプレサイトを作成していましたが、商品点数が多いのと商品の入れ替えや在庫切れ、完売が多くサイト構築にはとても手間がかかっていました。

10〜300点ぐらいの商品数なら何とかなりますがベッドなど一気に完売したり商品が追加されたりとすると大変です。

色々と調べた結果「もしもゲットショップ」にたどり着きました。

ここ一週間くらいで3サイト構築でき今までにない快適さを感じています。

このツールを使うメリットとデメリットについてまとめました。

■メリット
・一度サイトを作成すると自動で商品が追加される
・商品価格が変更されてもAPIを使用しているので追従する
さくらのレンタルサーバで簡単に構築できる
・大規模サイトに絶対的な効果がある
・商品画像の素材や口コミや購入理由も自動で入る(素晴らしい機能)

■デメリット
・キャッシュ機能もあるがデータの取得に時間がかかる(遅いときは数秒かかる)
・phpやjavascriptが使えない無料サーバーでは使用できない
・データベース機能がないサーバーではカスタマイズしにくい
・小規模サイトには向かない(はず)
・商品カテゴリー内でしかサイトマップが作成されない(特集ページはサイトマップなし)
・カテゴリーを細かく設定できないので特集ページをカスタマイズするしかない

私の場合は、さくらサーバーをなぜか4台借りているのとCentOS7の自宅サーバーを1台、海外サーバーを1台借りておりでデータベースに支障はないのでメリットの方が大きく、もしもゲットショップを使用することにしたわけである。

また商品ページを見ると、もしもへアクセス情報が流れる仕掛けになっているようなので、もしもが作成したものだと思う。

改善してもらいたいところも若干あるが、大規模サイトを作成する上でとても便利なのでお勧めしたい。

私の試作サイトはコチラのサンタコスプレである。
先ほど作成したばかりなのでインデックスもされていないが、そこそこの形にはなったと思う。

・サンタコスチューム激安通販 - クリスマス用サンタコスプレ専門店

ドメインも先ほど取得したばかりだが、アクセスがあれば少しは売り上げに貢献できるはずである。
とは言え、作成したばかりなので12/24までのクリスマス商戦には間に合わないかもしれない…。

続きはこちらの「集客やSEO対策をしていないもしもゲットショップのサイトで商品は売れるのか?」の記事にあります
【もしもゲットショップの最新記事】
posted by jun at 03:12| Comment(0) | もしもゲットショップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。