2013年02月04日

CubeICEをコマンドラインで使用する方法

ファイルを圧縮するのにCubeICEを使用していますが、コマンドライン(コマンドプロンプト)で使用する方法がないか調べてみました。

いろいろと調べたところ以下の方法で、コマンドラインからファイル圧縮ができました。

"C:\Program Files\CubeICE\cubeice.exe" /c:zip c:\Users\ユーザー名\Desktop\フォルダ

- /c:zip : これでzip圧縮を指定する
- ユーザー名 : 自分のアカウント名
- フォルダ : 圧縮したいフォルダー名

このまま使用するのは大変なので、バッチファイルを作成して実行します。

1.テキストファイルで、zip.txtを作成し上記のコマンドを追加します。
2.追加したらコマンドプロンプトを起動してファイル名を変更します。

rename zip.txt zip.bat

3.後は、このzip.batをダブルクリックすればOKです。


※注意点

CubeICEの初期設定では、圧縮ファイルはディスクトップになっていますのでCubeICE設定→圧縮から元のファイルと同じフォルダに指定しておいた方が使いやすいと思います。
タグ:windows8対応
posted by jun at 13:10| Comment(0) | windows8
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。