2012年09月25日

ページランクと上位表示の関係

Googleで適当にキーワードを入力して検索してみると、1ページ目に1位〜10位までのサイトが表示されます。

以前は、ページランクが高いところが上位表示されていた気がしますが、現在ではあまり関係ないように思っています。
しかし、ページランクの付いていないようなサイトではなかなか上位表示はされづらく、やはり良い記事や他のサイトから良質なリンクをもらっているところが上位表示されているようです。

良い記事はともかく良質なリンクについて考えてみました。

1.ページランクが高いところからのリンク
2.Googleが良いサイトと認識したところからのリンクがある

と、いろいろとあるとは思いますが
2はGoogleでないとわかりませんが、1についてはページランクの数値で判断できます。

上位表示されているサイトを調べてみると、良質かどうかは不明ですがページランクの高いところからのリンクが目立っています。

と言うことは、やはりページランクの高いところからのリンクをもらわないと上位表示できないということになるのでしょうかね。

自分のECサイトも、このブログからリンクを張っていますが、このブログ自体ページランクが付いていない(PR0)なのでリンクパワーが足りずに、なかなか上位表示できていません。

いつかはページランク4とか付いてくれるとありがたいのですが...。
posted by jun at 23:01| Comment(0) | SEO対策

2012年09月17日

商品ページのインデックスが削除される

前回、検索上位サイトもパンダでインデックスが減少でも書きましたが、googleからすごい勢いでインデックスが削除されています。

ECショップの場合、サイトの構造は

TOPページ→カテゴリーページ→商品ページ

の順となっていますが、今までインデックスされていた商品ページがことごとく削除されています。
これにより、商品ページのなくなったカテゴリーページまで無くなってきています。

残っているのは、独自の記事ページとトップページのみという感じです。
モバイルサイトも調べましたが、こちらも全く同じでトップしか残っていないサイトも...。

ドロップシッピングの商品ページの場合、確かに他の人と同じ説明文が使われていますが、部分的にコンテンツを追加したページも削除の対象のようです。

今年の4月ごろ「Googleから消されないためのペナルティ復旧対策セミナー」というSEO有料セミナーに参加し、その時はまだだ丈夫!と思っていましたが、今はそれが現実となってしまいました。

ECサイトは、トップページよりも商品ページからの集客が多いので、このインデックス削除は致命的です。
数千という商品を扱っているので、1商品ごとのコンテンツの追加はとても重労働ですので何とかしないと...と思うこの頃です。
posted by jun at 22:20| Comment(0) | SEO対策

2012年09月12日

検索上位サイトもパンダでインデックスが減少

6月ごろから管理サイトのアクセスが減ってきており、9月にはアクセス0のサイトが多くなりました。
特に、7月終わりから始まったパンダアップデートでこれらが撃沈したようです。

アクセスが減る要因は、
●トップページの順位が落ちた
●商品ページのインデックスが削除されている
ことです。

トップページの順位が落ちた原因は、おそらく自作自演リンクを外したのが原因ではないかと考えています。
今まで、外部との相互リンクはほとんど行っておらず、作成したサイト同士での自作自演の相互リンクを行っていましたがこれを一気に全サイトから外したので、この影響が出ているのだと思います。

また、商品ページのインデックスが削除されているのは、
●商品ページにメーカーの説明文しか入っていない
●類似ページが多い(本来ならcanonicalで統一すべき)
●パンダアップデートでインデックスに値しないとみなされた
だと思われます。

サイトを訪れる人のライディングページは商品ページが多いので、インデックスが削除されれば検索されなくなるのは当然だと言えます。

うーん、困った!

今からでも遅くないので商品ページにオリジナルコンテンツを足してみよう!と思い実験したサイトがありますが、このサイトもインデックス(※)がまだまだ減るばかりです。

(※)
インデックスはウェブマスターツールのインデックスステータスにインデックスに登録されたページの総数がありますので、ここが減ってきている場合は要注意です。また、このとき未選択が増えてきている場合は、類似ページとgoogleに認識されているようです。

でも、私のサイトだけではないようで検索上位サイトを中程度のキーワードで検索してみると面白いことがわかりました。

例えば、ダイヤモンドネックレスで検索し、上位5サイト程度調べてみる。

site:トップURL-1位
site:トップURL-2位
site:トップURL-3位
site:トップURL-4位
site:トップURL-5位

商品ページがインデックスから削除されていて、トップページとカテゴリーページしかないサイトがいくつもありました。
今はまだインデックスされているサイトも、たまたまパンダに引っかかっていないケースが多く私のサイトは1カ月くらいしてからパンダに補足されたサイトもありました。

相互リンクやページを作れば簡単にインデックスされ集客できた時代から、検索エンジンが記事を選ぶという時代に変わってきているようです。

posted by jun at 14:19| Comment(0) | SEO対策

2012年09月10日

上位表示にはリンクの削除必要か?

パンダアップデートでgoogleの検索順位が不安定なこの頃ですが、現状(9/10)に上位表示されているサイトをいくつか調べてみました。

●上位表示されているサイトの特徴

・相互リンクを削除している
・関連サイトへの発リンクもほとんどしていない
・発リンクがあるサイトはトップページの記事の中から行っている

●順位が落ちたサイトの特徴

・上記対策をしているようだ
・それでも順位は下がったまま
・アクセスも激減している

推測ですが、パンダと同時に順位が下がるのを恐れてまず行ったことは相互リンクの削除ですよね。
しかし、リンクを一気に外した場合の順位変動は100位のランクダウンがあり、ここからの復帰は相当な時間がかかるようです。
今まで、アクセスがあったサイトも閑古鳥が...のような状態だと思います。
(私も含めてですが)

では、Googleの検索順位はコンテンツだけで上位表示できるのでしょうか?

答えはNO!

やはり、Googleは優良サイトからのリンクが高評価のようです。
では、高い評価のサイトはどこか?
Yahooとかページランクがとてつもなく高くみんなが見ているサイトです。
でも、ここからのリンクはもらえないので、ではどこかというとGoogleさんに聞いてみないとわかりませんが、自分が見て良いコンテンツが書いてあるところが高評果だと思います。

さて話は元に戻りますが、上位表示にリンク削除は必要か?ということに関しては
・優良リンクは削除すべきでない
・ページランクや順位を上げる為だけのの相互リンクならば削除すべき
だと思っています。

私自身、パンダがやってきてあわてて相互リンクを外したとたん圏外に飛ばされそのまま沈没というサイトが多くありましたので...。

とにかく、優良なリンク(自作自演でもいい)のでリンクを張ることが元の上位表示の近道ではないかと思っているこの頃です。

検索上位のサイトから学ぶブログ活用法に、実際の順位変動データがあります。


posted by jun at 22:43| Comment(0) | SEO対策

2012年09月09日

検索順位を上げるには?

今まで、ブログを作成し気になったのは一生懸命書いてもアクセス解析を見ると訪問者が少ないことです。

理由は簡単で、いくらいい記事を書いても検索する人がこのブログを見つけられないからですね。
(記事は大したことありませんが...)

しかし、本当に役に立つ記事を書いても山の中や無人島にうまいラーメン店をOPENするのと一緒で、人が来ないところに店を開いても集客できませんよね。
ということは、銀座の一等地にラーメン屋を開店させればお客さんは食べに来てくれてお店もやっていけることになります。

ドロップシッピングの専門店をいくら作っても全然売れない方(私もそうですが)は、やはり上記の集客に問題がありそうです。
検索上位の方は、オリジナルコンテンツで書いているのだから検索エンジンの上位表示ができていると思っている方は考え方を見直しましょう。

私自身も、いくつかのショップはオリジナルコンテンツで作成していますが、やはり上位表示できていません。
ショップの作りが悪いのか?コンテンツが足りないのか?など色々と模索している時期もありましたが、あるキーワードでトップ検索している方のサイトは自分のサイトよりも貧弱にできていることもあります。

では、どこがいけないのか?と思い、SEOツールや有料のSEOソフト、セミナー等にも積極的に参加し色々と調べで見ました。

●SEOツールやSEOソフトで指摘されたところを修正する
●セミナーで知ったキーワード出現率を最適にしてみる
●HTMLの構造(H1/H2/H3)を最適にしてみる
●キーワードを最適にしてみる(最適かどうかは何とも言えませんが...)
●タイトルを最適にしてみる
●サテライトブログのサイドバーにサイトのリンクを張ってみる
●サイト同士を自作自演の相互リンクにしてみる
など...

思い当たることは、色々と試してやってきました。
しかし、やはり上位表示できません。

うーん、と考えていた時にたまたま長期間上位表示できていたサイトが一気にランクダウンしました。
原因は、サテライトサイトのサイドバーからリンクを外したことです。
あっ、と思い次の日に元に戻しましたが順位は下がったままです。
(おそらく一週間程度で元に戻ると思いますが...)

本題に戻りますが、検索順位を上げるには上記の出来事でもわかるように外部リンクが大きな効果を占めているようです。

上位表示させるには、優良なリンク(ブログ等)からサイトに向けて徐々にリンクを張っていくということが最も重要な気がします。
昨日調べたら、30ブログからのリンクで1万円程度と書いてあるサイトがありましたが、上位表示できている方は自作自演、もしくは有料リンクを得て上位表示できているのだと思います。

少し愚痴っぽくなってきましたが、無料のブログをいっぱい育てて自分のサイトに向けてリンクを張るのが上位表示の近道だと思うこの頃です。
posted by jun at 00:01| Comment(0) | SEO対策

2012年09月03日

パンダに補足されたのか!アクセスが…

ドロップシッピングの運営サイトがここ2週間くらいアクセスが減ってきました。
あるキーワードでのアクセスも、次のようにランクダウンしました。

8/2 25位
8/3 25位
.
.
.
8/22 29位
8/23 183位 ... ここからアクセスがほぼ0になる(google/yahoo共に)
8/24 185位
.
.
.
9/3 193位

8/10頃にサイトを更新した後、放置していたのですが8/23からいきなり順位がダウンしアクセスが激減しました。
このサイトは、運よくブログからの集客が50%以上占めていたので、全体としてのアクセスは半分程度の落ち込みで済みましたが、もうひとつのサイトはYahoo/Googleのみの集客でしたので影響が出ています。
この2つのサイトはウェブマスターツールをみても特にインデックスが減っているわけでもありません。
たまたま、夏休みにアクセスが増えたというのならば検索順位の下落はないはずです。
しかしこのサイトは、自作自演リンクをしていました。

ということは、パンダに補足された可能性があるということになります。

うーん、困った!
とりあえずは、このリンクを外し各ページにコンテンツを追加するということを9/1に実践しました。
が、まだ更新から2日しかたっていませんので、ランクダウンしたままでアクセスは戻ってきていません。

最低でも1週間程度はかかる見込みなので9/中に経過報告したいと思います。


posted by jun at 17:33| Comment(0) | SEO対策

2012年08月25日

googleのインデックスが減るのはパンダが原因か?

最近、運営サイトのアクセスが激減してきています。
アクセスが減るということは、アフリエィトやドロップシッピングでは死活問題です。
原因はと言うと、ドロップシッピングのサイトがパンダに補足されたのが原因のようです。

3月ごろまではサイトを作ればその分インデックスされ、リンクを張れば上位表示できていたサイトがことこどく粉砕されています。
実際の例をあげると5月初旬に11,000程度のインデックスが8/19日の時点で351に落ち込んでいます。

index1.jpg

サイト自体は放置していたわけでなく、最低でも一週間に1回は数十の商品ページの追加を行っているサイトです。
本日も更新していますが、インデックスは減る一方です。
いろいろと調べてみると、ドロップシッピングのページなので他の方とのタイトルや商品名、商品説明が重複していること、さらにオリジナルのコンテンツが無いページはことごとくパンダの餌食になっているようです。
パンダに補足されていないサイトもあり、これはオリジナルコンテンツをしっかりと商品ページに追加したものでした。
やはり、質の悪いページはgoogleがインデックスから追い出すということを開始し始めているのでしょう。
自動でオリジナルコンテンツが作れればみんな餌食にならなくても済むのですが...。

以前、有料セミナーで聞いたことは
・Googleはタダで全てのツールを使わせているわけではない!
・アクセスが減ったサイトは仕方なくgoogleのAdSenseを使わざるを得なくなる
・それによってGoogleは利益を得ている
・大きなサイト(楽天など)は、強力な集客とSEOの専門家がいるので太刀打ちできる
・個人事業者はAdSenseに頼らざるを得ない
となるようで、力のない人は所詮、上位表示できないということでしょうかね。


posted by jun at 23:40| Comment(0) | SEO対策

2012年07月04日

FerretRCにかわるソフトはGRCしかない!!

FerretRCが2012年7月31日をもってサービスを終了することが決まりました。

ベータ版をまだ使っているのですがとても役に立っています。
今まで使ってきているのでとても残念で仕方ありません。

かわりのソフトはと言うと、おススメできるのはGRCとなります。

GRCは順位検索ツールの老舗で後からFerretRCが乗り込んできたという感じです。
今回のサービス終了は、googleのアルゴリズム変更によるのが原因のようですが、よくよく考えるとGRCやその他のWEB検索サイトでも同じことが起こっているということになります。

個人的な意見ですが、FerretRCのメンテナンス費と契約件数が折り合わずに撤退したのだと思います。
良くできているので、もう少し頑張って欲しかったのですが...。

GRCに戻りますが、ダウンロードはこちらからできます。

検索順位チェックツールGRC


3サイトまで無料で使えてアルゴリズム変更にも迅速に対応してくれているのでとても助かっています。
posted by jun at 10:08| Comment(0) | SEO対策

2012年06月20日

「Ferret RC サービス終了のお知らせ」が届きました!

Ferret運営事務局より「Ferret RC サービス終了のお知らせ」が届きました。

======= 以下抜粋 =================================================

いつもFerret RCをご利用頂きありがとうございます。

2010年8月よりサービス提供してまいりましたFerret RCですが、昨今は検索エンジン
環境の急激な変化などにより、サービスの安定的な提供が難しくなりつつありました。
慎重に検討を重ねた結果、誠に残念ではございますが、2012年7月31日(火)をもって
サービスを終了させていただくこととなりました。
これに伴い本日より有料プランの新規申込を停止させていただきます。

サービス停止に伴い、7月31日(火)以降は検索順位取得が行えなくなります。
なお、過去に取得した順位の閲覧は8月10日(金)までとさせていただきます。

サポート対応につきまして:
Ferret RCの操作方法などについてのお問い合わせは7月31日(火)まで受け付けて
おります。
==================================================================

実は、このソフト良くできていて無料のβ版を今でも使ってます。

ホームページのお知らせを見ると2012/6/13に順位取得時の注意喚起が載っておりgoogle側が色々と変更をしたことでの順位取得のアルゴリズムが変わりリアルタイムに対応できなくなったことが原因のようです。
http://rc.ferret-plus.com/information/index.html

良いツールだったのにもったいないと思います。
そうすると、このツールを使うしかないのかもしれません。

検索順位は無料で使える検索順位チェックツールGRC




検索順位が、見える。検索順位チェックツールGRC

posted by jun at 17:45| Comment(0) | SEO対策

2012年06月14日

ペンギンとパンダアップデートでサイトが消える!?

先日から、自演自作のサイトのアクセスがほぼなくなってきています。
元々、アクセスは少なかったのですが限りなく0に近くなってきましたのでリニューアルを兼ねて、ここ一年近く運営しているサイトを見直し再構築することとしました。

1.内容が変わらないサイト
・サイトを再構築し、新規ドメインにサイトを移動
・301リダイレクトにてサイトごと転送

2.カテゴリーの変更を伴うサイト
・301リダイレクトをあきらめ、新規サイトを0から再構築
・旧サイトをウェブマスターツールより削除

この2つの対応で、アクセスが戻ってきました。
と、書きたかったのですが、そんなに簡単にはいきませんでした。

実は、1の301リダイレクトサイトは復活しましたが、2の新規サイトは旧サイトを削除し新しいドメインで新規サイトを構築したのにもかかわらずサイトが消滅しました。
サイトを新規構築したあと、2日目にはインデックスが70ぐらいされてから徐々にインデックスが減ってきて4日目にはsiteコマンドで出てこず、更にはinfoコマンドでサイトが見つからない状況に!

サイトが消えた!!

色々調べて行く内に、次のことが判明しました。

・ウェブマスターで旧サイトを削除した
・新サイトはドメイン名を変更
・同じサーバーで作業した
(ドメインは異なるが同じIPアドレス)

同じサーバーが原因ではないか!と思い、他のサーバーでこれとは異なるドメインを取得しサイトをアップしました。
これで解決!かと思ったのですが、トップページしかインデックスされません。

ドメインを変えてサーバーも変えてもインデックスされない!?

それでも、インデックスされたサイトもあったので差を調べてみました。

・インデックスされないサイト
⇒ウェブマスターの管理者が同じ
・普通にインデックスされたサイト
⇒ウェブマスターの管理者が異なる

ということは、
同じ管理者がサイトを削除した後に削除したサイトと似たサイトを立ち上げると重複サイトのペナルティ
となりインデックスされないのではないかと思います。

たしか、サイトを削除してもドメインを削除してもgoogleのインデックスから削除されるのには3カ月くらいかかったと思います。
実際に、4月ごろにドメインごと削除したサイトもsiteコマンドではまだ出てきますので、これが影響したのだと...。
自分がgoogleクローラーだったら確かに変だなと思いますからね。
なので、インデックスされないサイトの管理者(ログインID)を別々にしておけば大丈夫のようです。
(本日、サイトをアップしたばかりなので詳細は後日報告します)

今回のようなケースは、ペンギンとパンダアップデートの前は問題なかったというのは気のせいでしょうかね。







posted by jun at 00:47| Comment(0) | SEO対策